夏になると、ビタミンやミネラルがたっぷり入った、冷え冷えのスムージーが飲みたくなりますよね。

スムージーはおいしくお手軽にリフレッシュと栄養補給ができる、万能な飲み物。
フルーツと野菜、アーモンドミルク、ヨーグルトなどなどをミキサーに入れたら出来上がり!あ、バーミックスでも勿論できちゃいますよ。

お手軽にフルーツや野菜の大切な栄養素が補給できるということで、海外などでは特に毎日たくさんの人に飲まれていたりします。

そんなスムージー、ワンちゃんとシェアできたらさらにおいしく飲めちゃいそう!?
スムージーの材料次第では、ワンちゃんとシェアすることができるんですよ。

そこでここでは、ワンちゃんとシェアできる夏にピッタリのサマースムージーをご紹介しちゃいます。

美味しくビタミンをブーストして、夏に負けない体づくりをスタートしましょ。

ワンちゃんへのスムージーの与え方

ワンちゃんへのスムージーの与え方としては、鉄則としてワンちゃんが食べられる食材のみ。
食材にさえ気をつければ、ワンちゃんにスムージーを与えることは可能です。
ご飯のトッピングにしても良いですし、冷やし固めてシャーベットのようにし、おやつにするのもお勧めですよ!

スムージーは野菜や果物に熱を加えず生でを与えることができるので、熱で破壊されやすいビタミンなどの栄養素や酵素を効率よくたっぷり与えることができ、お勧めです。

さらに、抗酸化作用や抗ガン作用、免疫力向上作用などがあるといわれるフィトケミカル(ポリフェノールやカロテノイド等)も、食物繊維手軽に摂取できるんですよ。

ちなみに食物繊維には「不溶性食物繊維」と、「水溶性食物繊維」があるそうで、スムージーではそのどちらも摂取することが可能。

不溶性食物繊維は、ワンちゃんの腸内環境を整えて腸の動きや便通などを改善してくれるそう。

また水溶性食物繊維は、血糖値の上昇を抑得てくれる効果や、血中コレステロールを低下させてくれる効果、さらに、善玉菌を増やす効果が期待できるのだとか。
シニア犬や子犬だけでなく、夏の暑さのせいで食欲が減退気味のワンちゃんにも良いのです。

スムージーを与える際に気を付けるポイントとは?

ワンちゃんにスムージーを与えるときは、安全な食材であるかはもちろんのこと、いくら栄養たっぷりでも一度にたくさん与えてしまうのはNG。

当分の取りすぎや、カリウムの取りすぎになることもありますし、また冷凍野菜や果物を使用するのでお腹を壊してしまうリスクもあります。

人間は冷たいものを飲んでも、ワンちゃんの分はしばらく室温にしてから与えたほうが良いでしょう。

また、ご飯の前に与えることで酵素などをさらに効率よく摂取することができるので、ご飯の前の前菜に与えるのがベストなんですよ!

投薬等の治療を受けているワンちゃんは、スムージーを与える前に一応薬との飲み合わせを獣医さんに確認しておきましょう。

ワンちゃんOKのスムージー食材は?

それでは、ワンちゃんが食べてもOKなスムージー食材は、何があるか見ていってみましょう。

ここに挙げた食材でも、アレルギーの出てしまう子はいます。
与えるときは、少量ずつが基本!

始めて食べさせるものがあるときは様子を観察してあげてくださいね。
お腹を壊したり、嘔吐をしてしまう場合、涙目になっていたりする場合はアレルギーの可能性も!

すぐにストップし、食べたものをメモしてひどい場合はかかりつけの獣医さんを受診しましょう。

・マンゴー:多数のビタミンが含まれておりオヤツに与えたいフルーツです。
自然の甘みがあるので、スムージーのフルーツとしては最高★

・パイナップル:葉酸、亜鉛、数種類のビタミンやミネラルが含まれています。
消化や免疫力をあげてくれる頼もしいおやつです!
トロピカルで甘い味が、ワンちゃんも喜びそうですね。

・クランベリー:ビタミンCや食物繊維、マンガンを含んでおり、おやつにピッタリ!
クランベリージュースは糖分が多いのでNGです。

・ブルーベリー:ブルーベリーには抗酸化作用があり、食物繊維やビタミンC、E、ポリフェノールも含まれています。
アーモンドミルクとも高相性!

・りんご:食物繊維たっぷり、抗酸化作用や抗炎症作用のあるポリフェノールが、皮や皮の近くに多く含まれているので、きれいに洗って皮ごと使用しましょう!

・バナナ:バナナにはカリウムが豊富に含まれています。
またバナナに含まれているフラクトオリゴ糖は善玉菌のエサとなるので、善玉菌を増やすことができ、腸内環境を改善する働きが期待できます。

・キウイ:キウイにもカリウムが豊富に含まれており、新陳代謝アップ、また食物繊維はバナナよりも多いのもポイント。
さらにアクチニジンと呼ばれる酵素には、タンパク質を分解する効果があるとのことです。

・スイカ:カリウムやリコピンが含まれており、抗酸化作用が期待できます。
与えすぎには注意です!

・ラズベリー:糖分が少なく、食物繊維とビタミンCが豊富です。
シニアの年齢に入ってきたワンちゃんには、抗炎症作用があるのでとても良いそうです。
が、キシリトールが微量ですが含まれますので、量はかなり少量にする必要があります。
スムージーにする場合は、ワンちゃん用には製氷機で凍らせて小さい塊1つをおやつ代わりに与えるくらいで、ちょうどよいでしょう。

・みかん:ビタミンC、βカロテン、クエン酸が含まれており、さわやかな香りがスムージーにうれしい果物です。

・メロン:赤肉のメロンにはたくさんのβカロテンが含まれ、βカロテンがビタミンAに変換されるので、ワンちゃんの目や皮膚、粘膜の健康に効果が期待できるとのことです。
もちろん、カリウムも含まれており、利尿作用もあります。

・桃:食物繊維、カリウムが含まれているので、腸内環境改善と新陳代謝アップの効果が期待できます。

・梨:梨にはソルビトールやアスパラギン酸が含まれています。

・いちご:カルシウム、鉄分、マグネシウム、ビタミンAとC、それに食物繊維が豊富ですが、キシリトールが微量含まれているので与える量を気を付けなくてはいけないフルーツです。スムージーにしたときは、ワンちゃん用にはほんの一口おすそ分け、程度にしましょう。

・にんじん:βカロテンの含有量が多いのが特徴です。

・豆苗:βカロテンが豊富です。

・アルファルファ:疲労回復、消化促進、ダイエット効果が期待できます。

・ブロッコリースプラウト:抗酸化力や解毒力を高めるスルフォラファンが含まれています。

・大葉:ビタミン、ミネラル、βカロテンが豊富に含まれています。

・チンゲン菜:カリウムやβカロテン、ビタミンCが豊富です。

・レタス:カリウムやβカロテン、ビタミンC・E、ビタミンKが含まれています。
微量ではありますが、キシリトールが含まれているので、摂取量には気を付けましょう。

ワンちゃんとシェアできるスムージーレシピ

<バナナスプリットスムージー>

材料
・バナナ:1本
・イチゴ:1カップ
・無糖ヨーグルト:1カップ
・バニラエッセンス:少々

■作り方■

皮を剥いたバナナ、イチゴをミキサーに入れましょう。
(凍っているもの、凍っていないものどちらでもOKです)
①にヨーグルトを加え、攪拌しましょう。

バナナの甘さとヨーグルトの酸味がきいたスムージーです。
ヨーグルト味が好きなワンちゃんに人気のレシピです♡

<ベリーブラスト>

材料
・バナナ:1本
・ミックスベリー(ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、イチゴ):1カップ
・アーモンドミルク:1カップ
・100%クランベリージュース:少々

■作り方■

皮を剥いたバナナ、ベリー類をミキサーに入れましょう。
(凍っているもの、凍っていないものどちらでもOKです)
①にアーモンドミルクを加え、攪拌しましょう。
クランベリージュースを少々加えたら出来上がり♪

クランベリージュースの量は、飲んでみて味を調整してみてくださいね。
ベリーの匂いが食欲をそそるスムージーです。
人間用には甘みが足りなければ、はちみつを垂らしても美味ですよ。

<キャロットクラッシュ>

材料
・ニンジン:小さくカットしたものを1カップ
・リンゴ:皮と種、芯を取ったものを1/8個
・ブロッコリースプラウト:少々
・アーモンドミルク:1/2カップ

■作り方■

全ての材料をミキサーに入れ攪拌すればOK!
味を見てはちみつを少々加えても!

ニンジンとリンゴが飲みやすいスムージーにしてくれます♪
茹でた小松菜の葉を1枚加えても◎。

<ほうれん草とバナナのパワースムージー>

材料
・バナナ:1本
・ほうれん草:5枚

■作り方■

全ての材料をミキサーに入れて攪拌!
ほうれん草は大型犬の場合、量を7-10本程度にしてもよいですが、
飲みにくくなるのでお勧めしません…。

<ラズベリースペシャルスムージー>

材料
・冷凍ラズベリー:1 1/4カップ
・冷凍バナナ:1本(熟したもの)
・100パーセントオレンジジュース:3/4カップ
・アーモンドミルク:1カップ

■作り方■

材料全てをミキサーに入れて攪拌する
甘さが足りない場合は、人間にはザクロジュースを追加するのがお勧め!

終わりに

いかがでしたか?
スムージーって基本、新鮮なフルーツや野菜をカットして冷凍しておき、アーモンドミルク(ワンちゃんの場合はヤギのミルクでも!)と一緒にミキサーでスイッチオンすればできちゃうので、すごく手軽ですよね。

休みの日に冷凍庫にジップロックなどに入れてセットしておけば、平日の手間はほぼなし!
朝ごはん代わりにもなりますし、栄養素が直接体にしみわたって体が喜ぶのを感じることができるかも?

私たちの体は、毎日私たちが口にしているものからできているように、ワンちゃんの体も私たちが与えたものからできています。

体に良いものがたくさん詰まったフレッシュなフルーツ、新鮮な野菜からたっぷり恩恵がもらえるスムージーで、暑い夏を元気に快適に過ごしましょう!

●参照:
・Summer smoothies you can share with your dog

Smoothies you can share with your dog

・犬がスムージーを飲んでも大丈夫?使える食材と危険な食材は?メリットや注意点!
https://hotto.me/11036

・【獣医師が解説】犬・猫が食べても大丈夫なフルーツ
https://www.imaivetclinic.net/post/%E3%80%90%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%8C%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%80%91%E7%8A%AC%E3%83%BB%E7%8C%AB%E3%81%8C%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%82%82%E5%A4%A7%E4%B8%88%E5%A4%AB%E3%81%AA%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84